ビジネスパーソンにオススメの日本のYouTubeチャンネル

最近、日本でもYouTuberが増えています。何かを調べる際、特にHow To系を調べる際、Googleではなく、YouTubeでまず検索するという人も増えているようです。

しかしながら、今のところはまだ、日本のYouTubeは若者向けのコンテンツが多く、ビジネスパーソン向けのものは多くはありません。そこで今回は、ビジネスパーソンにオススメの日本のYouTubeチャンネルを集めてみましたので、ご紹介します。

 

 

ホリエモンチャンネル

https://www.youtube.com/channel/UCXjTiSGclQLVVU83GVrRM4w

IT経営者として有名な堀江貴文氏によるチャンネル。ホリエモンは堀江氏の通称。堀江氏については、好き嫌いの評価が分かれますが、ストレートな物言いでファンは多いです。また、ITビジネスに限らず、ロケット事業、グルメ事業など多分野に精通しています。ベストセラー作家など旬なゲストを招いて新しいビジネスアイデアについて話したり、同氏のメルマガ読者から寄せられた質問に答えるQ&Aコーナーなど仕事に役立つ内容が多い。更新頻度も高く、番組の構成も見やすい。

 

NewsPicks

https://www.youtube.com/channel/UCfTnJmRQP79C4y_BMF_XrlA/featured

以前、こちらの記事https://goo.gl/EWF2BK )でも紹介した、ビジネスニュースのキュレーションメディアであるNewsPicksのチャンネルで、著名な経営者やイノベーターによるビジネス対談が多くアップされています。ペンパイナッポ―アッポーペンで有名なピコ太郎扮する古坂氏がピコ太郎誕生の秘話を語っている動画https://www.youtube.com/watch?v=XOlE7uqvvLE)もあります。日本語の字幕もシッカリしているので、聴解練習にもオススメ。

 

TEDXTOKYO

https://www.youtube.com/user/tedxtokyo/videos 

TEDの日本版であるTEDxTokyoのチャンネル。コンテンツの量、質は、上記の2つに劣りますが、インタビューやプレゼンに興味がある人には参考になるでしょう。

 

Industry Co-Creation

https://www.youtube.com/channel/UCJg5PAsj8fP45Fn8Pr5a3LQ/featured 

Industry Co-Creationはスタートアップ経営者が集まるカンファレンス。そのピッチイベントの動画がメインのコンテンツです。ピッチやプレゼンに興味がある人には参考になるでしょう。

 

BBT757program

https://www.youtube.com/user/BBT757program

著名なコンサルタントである大前研一氏が主宰するビジネス・ブレークスルー(BBT)のチャンネル。BBTはオンライン大学であるため、MBAやビジネスニュース、ビジネストレンドに関する話題が多いです。

 

世界は今 -JETRO Global Eye

https://www.youtube.com/channel/UC7yNsJvQ0wMOh6cdtUajLXQ

日本企業の海外展開を支援するJETROのチャンネル。テレビのニュース番組のように構成がシッカリしており、プロのアナウンサーが話しているため聞きやすい。貿易に関わる人に特にオススメです。

 

起業 TV

https://www.youtube.com/channel/UCeKbsDj3ESBP5VuYTItN35w/featured 

起業志望者・起業家向け動画ラーニングメディア「起業tv」のチャンネル。ベンチャー経営者のインタビュー動画がメイン。

 

今回紹介したチャンネルは、いずれも日本語のリスニングに役立つだけではなく、ビジネスに役立つ情報やヒントも得られると思いますので、よろしければチェックしてみてください。

PS

番外編として、もう一つご紹介します。

父ちゃんは天然パーマ

https://www.youtube.com/user/masatoikebe/featured

「VAN LIFE」「車中泊」を中心に海遊び、山遊び、アウトドア、サーフィン、スキー、スノーボードなどを楽しんでいる家族のチャンネル。ビジネスに役立つ情報は出てきませんが、千葉から北海道まで車中泊で行った旅行記など、スキー場の情報や、アウトドアで遊ぶための情報が多いので、子供がいる家族にオススメです。

YouTubeの日本語字幕機能の精度を調べてみた

 

前回、SKYPEのリアルタイム字幕表示機能を紹介しましたが、今回はYouTubeの字幕機能を紹介します。

 

使った映像は、当社(ジャパンオンラインスクール)がテレビ東京のワールドビジネスサテライトというニュース番組で紹介された時の映像で、次の6人が登場します。

 

A:日本人/ナレーター/男性

B:日本人/ナレーター/女性

C:日本人/日本語教師/女性

D:日本人/会社経営者/男性

E:外国人/男性(日本語レベル=中級)

F:外国人/女性(日本語レベル=上級)

 

それぞれが話した言葉と、YouTubeの字幕を比べてみた動画がこちらです。

https://www.youtube.com/watch?v=f4O9JGz0T9w 

 

そして、それぞれの字幕の正解率を調べてみたところ、次のような結果になりました。

 

A:日本人/ナレーター/男性 : 81.8%

B:日本人/ナレーター/女性 : 97.3%

C:日本人/日本語教師/女性 : 88.6%

D:日本人/会社経営者/男性 : 87.3%

E:外国人/男性(日本語レベル=中級) : 56.6%

F:外国人/女性(日本語レベル=上級) : 85.7%

 

日本人(A~D)と外国人(E、F)を比べると、87.0%と65.2%になり、やはり外国人が話す日本語よりも、日本人が話す日本語の方が正しく認識されていることが分かります。

また、外国人の中でも、ネイティブレベルのFさんが話す日本語が高い精度で認識された一方、中級レベルのEさんの日本語は半分位しか正しく認識されませんでした。

 

次のように、意味が通じない文章として認識されてしまった文もありました。

〇 部長ちょっとよろしいでしょうか

× 盲腸ちょっと同時でしょうか

〇 東京商事へ出す企画書なんですが目を通していただけないでしょうか

✖ 東京総次元出す企画書なんですが夫婦をtwitterいただけないでしょうか

 

なお、音声の品質や雑音の有無等にも影響されるため一概には言えませんが、この2人の字幕の精度は、プロの日本語教師が評価した会話力とほぼ比例していました。このことからも、YouTubeに正しく認識される日本語を話せる方は、かなりの上級レベルと言えるでしょう。

 

よろしければ皆さんもお試し下さい(^^)/

 

※台本があるニュースやドラマでは精度が高くなりますが、お笑い番組やLiveインタビュー等の台本がない番組は精度が低くなります。

※この記事は2019年01月11日時点の内容です。

 

SKYPEの字幕機能を使えば日本語の正確さを測定できる!?

12月3日、MicrosoftはSkypeに会話でのリアルタイム字幕表示機能を追加したと発表しました。日本語版でも既に設定できるようになっています。日本語学習者の皆さんにも役立つと思いますので、今回はこの機能についてご紹介します。

 

使い方は?

SKYPEのオフィシャルサイトに載っていますので、以下のページをご参照下さい。

日本語版

https://support.skype.com/ja/faq/FA34542/skype-fan-yi-woshe-ding-shiteshi-yong-surufang-fa-wojiao-etekudasai 

英語版

https://support.skype.com/en/faq/FA34877/how-do-i-turn-live-captions-subtitles-on-during-a-skype-call

 

正確さは?

結論から言いますと、日本人同士の会話でも、不正確な文章になりました。

例えば、SKYPEを使ってオンラインミーティングをした時に、その内容を文字起こししたり、議事録を作るために使うのは、まだお勧めできません。

 

お勧めの使い方は?

フリートークではイマイチでしたが、台本に沿って読むと字幕の正確さが高くなりましたので、何かを読む時の練習に使うのは良いかも知れません。また、機械が字幕を正しくつけられない箇所は、きっと人間にも聞き取りにくい箇所だと思いますので、弱点分析にも使えるでしょう。

 

私が試した時の字幕は添付画像をご参照下さい。

 

注:この記事は2018年12月10日時点の内容です。今後の機能向上にも注目していきましょう。

日本で住む場所の治安を示す指標とは?

前回のニュースレターでも書いたように、自販機が多いということは日本の誇りです。

 

しかし、実は日本でも自販機での現金盗難は多くあります。特に多いのは、証明写真機です。証明写真機では、撮影をするために、カーテンを閉めて外からは見えなくするのですが、これが犯罪者にとっては好都合なんです。

 

また、先日のハロウィンでは、渋谷で痴漢や盗撮が起きたり、車を横転させたりと、暴徒化した人たちもいたようです。

 

そこで今回は、日本で住む場所の治安を測る指標について考えてみたいと思います。

私の友人は、「コンビニのトイレを見ればその地域の治安が分かる」と言っていました。

・「ご自由にお使いください」と書いてあるところ=治安が良い。

・「スタッフに一声おかけください」と書いてあるところ=普通

・「使用禁止」と書いてあるところ=治安が悪い

 

また、別の友人は、「コンビニのゴミ箱も指標になる」と言っていました。彼の意見は、「ゴミ箱が外にある地域は、ルールを守る客が多いという証拠で、治安が良い」というものでした。

 

ちなみに、私は、花屋やケーキ屋が多い地域は比較的安全だと思っています。なぜなら、花もケーキも他の人へのプレゼント用に買うことが多いものだからです。花屋やケーキ屋が多い地域には他の人のために何かをしてあげられる人が多い、というロジックです。

 

皆さんの地域ではいかがですか?

もし、「他にもこんな指標があるよ!」というご意見があれば、是非お聞かせ下さい。

 

注:これらの指標はいずれも個人的な見解であり、また、都会か田舎か、商業エリアか住宅地かでも異なるはずですので、参考意見としてお読みください。

視覚も味覚も楽しめる、旅行者にも生活者にも最高の場所

今日は、日本に住んでいる人も、旅行で来る人も楽しめるスポットを紹介したいと思います。

 

皆さんは「デパチカ」という言葉を聞いたことがありますか?

「デパチカ」は「デパートの地下」の略です。

日本のほとんどのデパートの地下は、食材やスイーツの売り場になっています。

通常、デパートは、スーパーよりも良い商品を売っています。

その分値段もちょっと高いものが多いのですが、たまの贅沢に、デパチカに買い物に行く人は多いです。

 

デパチカをオススメする4つの理由

 

理由1:日本にしかない

デパートのワンフロア全部が食材やスイーツ売り場になっているのは珍しいと思います。

食べることや飲むことが好きな人なら、きっと1~2時間は楽しく過ごせるでしょう。

 

理由2:見た目がキレイ

食品がキレイにレイアウトされているので、見ているだけでも楽しいです。

 

理由3:美味しい

たくさんの美味しい食べ物が集まっています。

日本の地方の名産が売られていることもありますので、わざわざ地方まで行く必要がありません。

しかも、試食できるかも知れません。(マナーは守ってくださいね)

 

理由4:安い

先ほど、「スーパーよりはちょっと高い」と書きましたが、美味しいですし、海外の高級スーパーよりは安いと思います。

先日、私がハワイに行った際、Whole Foodsのデリコーナーを見てきましたが、日本のデパチカの方が安いと思いました。

無料で楽しめる観光スポットだと思えば、お得ですしね。

もし少しでも安く買いたい人は、閉店直前の時間帯がオススメです。

人気商品は売り切れている可能性が高いですが、残っている商品が割引されていることがあります。

 

こちらは、渋谷にある東急というデパートの公式Instagramです。

https://www.instagram.com/tokyufoodshow/

 

こちらのYouTubeでは、日本のデパチカについて外国人の方が紹介しています。

 

このサイトは、日本全国のデパートをまとめているので、近くのデパートを探すのに便利です。

http://www.departinfo.com/english/ 

(デパチカがあるかは事前に確認してください。)

 

視覚も味覚も楽しめるデパチカに是非行ってみてください(^^)/

 

Member Login

  • Forgot your Password?