外国人が日本で就職するなら「チョドメ企業」はやめておけ!

 

外国人が活躍しやすい日本企業とはどんな会社だろうか?

 

私は次の2点だと思う

(1)海外にも事業展開している

(2)外国籍社員の採用に積極的で、外国籍社員を受け入れやすい人事制度がある

 

逆に言えば、

・日本国内でしかビジネスをしていない。

・社員は日本人だらけ。

というような超ドメスティックな会社、略して「チョドメ企業」は避けた方が良いだろう。

 

チョドメ企業かどうかを見極めるためのチェックポイントを紹介しよう。

まずは「国内・国外の売上比率」「外国籍社員比率」はチェックしよう。この二つはすぐに調べられるだろう。ただし、これだけでは分からない。なぜなら、国外売上比率が高くても、海外セールスを商社に任せている場合もあるし、外国人社員数は、海外拠点の社員がカウントされている可能性もあるからだ。日本本社には外国人がほとんどいないというケースもある。

 

だから私は、次の2点もチェックするようにお勧めする。

(3)役員に外国人がいるか

(4)人事部に外国人がいるか

 

役員に外国人がいれば、グローバルな経営を行っている確率が高くなるし、英語を話せる人日本人役員も多いと予想される。

また人事部というのは、通常は、一番ドメスティックになりやすい部署だが、そこに外国人社員がいるということは、かなりダイバーシティが進んでいる可能性が高いと言える。しかも、外国人の目線で採用や研修が行われていて、外国人が働きやすい環境である可能性も高いだろう。

予習をしなければお金を損する!

 

「授業は予習をしたうえで受けた方が良い」というのは、皆さんも何となくは理解している事でしょう。

 

でも、いつもシッカリ予習している人は、それほど多くはありません。

私は、これはとてももったいない事だと思っています。

なぜなら、予習をしないで損をするのは、学校でも講師でもなく学習者だからです。

時間だけではなく、お金も損します。

 

次の3パターンでそれぞれどんなレッスンになるか考えてみましょう。

(1)予習をシッカリして授業を受けた場合

(2)予習を少しして授業を受けた場合

(3)予習をまったくしないで授業を受けた場合

 

(1)予習をシッカリして授業を受けた場合

授業で講師は、予習で分からなかったことだけ説明し、残りの時間はすべて、応用練習やロールプレイといった学習効果が高い練習に使える。また、教科書に書かれていないことについて講師が解説したり、学習者の環境や好みに応じてカスタマイズした練習も出来る。

 

(2)予習を少しして授業を受けた場合

授業で講師は、教科書に書かれていることの解説をしたり、応用練習やロールプレイといった学習効果が高い練習に、少し時間使える。

 

(3)予習をまったくしないで授業を受けた場合

授業で講師は、語彙や文法について1つずつ説明しなければならず、それだけで時間が過ぎてしまう。予定していた箇所が終わらず、次回も同じ箇所をやらなければならない。

 

上記の3パターンを、よりイメージできるように、数値化して説明してみます。(※これらの数値は、話を単純化するために用いた仮定のものです。)

 

1レッスンで学べる学習量を

(1)150

(2)80

(3)40

と仮定します。

 

そして、仮に、1つのコースを終了するのに必要な学習量の合計が2000だとすると、それぞれ必要なレッスン数は次のようになります。(学習者の習熟度に応じてレッスンが進む場合)

(1)13.3レッスン

(2)25レッスン

(3)50レッスン

 

そして、仮に、1レッスンが10ドルだとすると、1つのコースを終了するのに、必要なコストは

(1)133ドル

(2)250ドル

(3)500ドル

となり、(2)は(1)の1.875倍、(3)は(2)の2倍、(3)は(1)の3.75倍もの授業料を払わなくてはならなくなるのです。

 

誰もが、時間もお金もセーブしたいですよね?だから私は予習をシッカリすることをオススメします。

しかも予習をしてきた方が、応用練習やカスタマイズした練習が出来るので、レッスンが楽しくなる効果もあります。

 

あなたは「コスパが良くて楽しいレッスン」と「コスパが悪くてつまらないレッスン」のどちらを選びますか?

 

 

ビジネス日本語学習者にお薦めの日本のビジネスドラマ18選!

 

日本語学習のために漫画やアニメを見ている人は多いでしょう。しかし、ビジネスパーソンにとっては、ちょっと物足りないですね。そこで、ビジネスパーソンでも楽しめるように、ビジネスがテーマの日本のテレビドラマを集めてみました。私のおススメトップ3とその他の人気作品をご紹介します。

 

No1

ハゲタカ

買収を仕掛ける外資系ファンドマネージャーと買収を防ごうとする日系バンカーの攻防を描いた作品。この作品が出たことで日本人ビジネスパーソンの間にも買収への危機意識が高まったとさえ言える。M&A、企業再生、外資ファンドなどに興味がある人にオススメ。

 

この番組をDVDで見る http://amzn.to/2r3AM8G

No2

半沢直樹

バブル期に大手銀行に入行した主人公が次々に現れる敵と戦っていく話。銀行内部のシガラミが生々しく描かれた作品で、ストーリーも面白く、42.2%の高視聴率を記録した超人気ドラマ。「やられたらやり返す! 倍返しだ! ! 」のセリフは2013年の流行語にも選ばれた。

 

この番組をDVDで見る http://amzn.to/2r3v1YK

 

No3

空飛ぶタイヤ

タイヤ脱落死傷事故と大手自動車メーカーのリコール隠しをテーマにしたドラマ。企業という組織で働く人の葛藤や、大企業とその下請けとの関係がリアルに描かれている。

 

この番組をAmazonPrime(30日間無料体験)で見る

https://goo.gl/PsFH3b

この番組をDVDで見る  http://amzn.to/2r3nf0L

 

株価暴落

爆破テロの標的にされた経営再建中の巨大スーパーとそのメインバンクにはびこる闇を描いた作品。金融ドラマ、企業サスペンス、警察ドラマとさまざまな顔を併せ持つ作品。

 

この番組をAmazonPrime(30日間無料体験)で見る

https://goo.gl/ss0mGb

この番組をDVDで見る http://amzn.to/2r37pmY

 

監査法人

企業と監査法人の攻防を描いた経済ドラマ。会計監査がテーマのため、会計や監査に関わる人にお薦め。

 

この番組をDVDで見る http://amzn.to/2r3m5ma

 

限界集落株式会社 

地方の農村に経営コンサルタントが現れ、農業で地域を復興させようとする話。地域復興やコンサルディング、田舎の日本人のメンタリティなどに興味がある人にお薦め。

 

この番組をビデオマーケット(初月無料)で見る https://goo.gl/GkYCxB

 

再生巨流

物流業界を舞台に、実力がありながらも左遷され挫折した男の葛藤と再生を描くヒューマンドラマ。日本企業のしがらみを突破するストーリーに引き込まれるでしょう。

 

この番組をAmazonPrime(30日間無料体験)で見る

https://goo.gl/RG0gci

この番組をDVDで見る http://amzn.to/2r38sTW

 

下町ロケット

国産のロケットエンジン開発をかけて下町の小さな工場が巨大企業と戦う話。日本のモノづくりを支えている中小メーカーに興味がある人にお薦め。

 

この番組をビデオマーケット(初月無料)で見る

https://goo.gl/GkYCxB

この番組をDVDで見る http://amzn.to/2r3mZPl

 

 

チェイス〜国税査察官〜

6000億円もの巨額資産をめぐって、国税査察官(マルサ)と脱税コンサルタントとの攻防を描いた話。税務コンサルティングやタックスヘイブンなどに興味がある人にお薦め。

 

この番組をビデオマーケット(初月無料)で見る

https://goo.gl/GkYCxB

この番組をDVDで見る http://amzn.to/2s60kR2

 

花咲舞が黙ってない

銀行入行5年目の女性社員が銀行内のトラブルを次々に解決していく話。漫画が原作のためリアリティには欠けるが、気楽に楽しめる番組。

 

この番組をビデオマーケット(初月無料)で見る https://goo.gl/GkYCxB

この番組をDVDで見る http://amzn.to/2r3tima

 

メイドインジャパン

倒産間近の巨大電機メーカーが、リチウムイオン電池市場で再建を図る話。日本の製造業や、海外企業との国際競争などに興味がある人にお薦め。

 

この番組をビデオマーケット(初月無料)で見る https://goo.gl/GkYCxB

この番組をDVDで見る http://amzn.to/2r3F3sJ

 

ルーズヴェルト・ゲーム

倒産寸前の中堅精密機器メーカーが吸収合併の危機を迎える。競合企業との闘いを同社が所有する野球チームの苦闘にオーバーラップさせて、奇跡の逆転劇「ルーズヴェルト・ゲーム」を描いた作品。

 

この番組をAmazonPrime(30日間無料体験)で見る https://goo.gl/cK14kk

この番組をDVDで見る http://amzn.to/2r3sFsB

 

LEADERS リーダーズ

トヨタの創業者、豊田喜一郎をモデルに、国産自動車に人生をかけた人々を描いた話。日本のメーカー、自動車製造、トヨタ自動車などに興味がある人にお薦め。

この番組をビデオマーケット(初月無料)で見る https://goo.gl/GkYCxB

この番組をDVDで見る http://amzn.to/2r3zMkP

 

官僚たちの夏

敗戦国の日本を世界と肩を並べる豊かな国にしようと奮闘する通産官僚と産業界の話。高度経済成長当時の日本に興味がある人にお薦め。

 

この番組をDVDで見る http://amzn.to/2r3hhwW

 

沈まぬ太陽

1960-1980年代の日本航空をモデルとした会社の労組の戦い。労組問題がテーマのため、人事・労務に関わる人にお薦め。

 

この番組をDVDで見る vol 1 http://amzn.to/2r3m8hS

この番組をDVDで見る vol 2 http://amzn.to/2r3tEsW

 

太陽の罠

太陽光発電の特許技術を巡り、産業スパイの疑いをかけられた主人公が奮闘するラブサスペンス。知的財産、特許戦争などのテーマに興味がある人にお薦め。

 

この番組をDVDで見る http://amzn.to/2s69NYv

 

トップセールス

男性中心社会だった1974年の日本、自動車販売でトップセールスにのぼりつめた女性の話。戦後の日本の自動車業界、日本で成功したキャリアウーマンに興味のある人にお薦め。トヨタ2000GTなど日本の名車も登場するので自動車ファンも楽しめる。

 

この番組をDVDで見る http://amzn.to/2s67JA2

 

リッチマン、プアウーマン

ITベンチャー企業の社長と就職難にあえぐ東大生の女性との恋愛ドラマ。内容的にあまりビジネスパーソン向けとは言えないが、IT企業を舞台にしているため、IT関連の人は楽しく見られるかも知れない。

 

この番組をフジテレビオンデマンドで見る https://goo.gl/ORjIRw

この番組をDVDで見る http://amzn.to/2r3u9TI

 

おススメしたい職種や職業について書いていますが、どれもストーリーが面白いので、誰でも楽しめると思います!

日本のドラマを楽しみながら、リスニングの練習をしましょう!

ビジネス日本語はいつから勉強すべきか

 

皆さんの中には、仕事のために日本語を勉強している人もいると思います。

今すぐかも知れませんし、将来のキャリアアップのためかも知れません。

さて、そこで、掲題の件ですが、いきなり初心者がビジネス日本語を勉強するよりは、一定のレベルまでは基本的な文法、語彙などを身につけてから、始める方が良いでしょう。なぜなら、難解な言葉や表現が出てきますが、初心者がそれらを理解するのに、ものすごく時間がかかり、効率的とは言えないからです。

 

では、具体的にどのレベルまで行ってからビジネス日本語を始めるべきなのでしょうか?

 

最近は、初心者を対象にしたビジネス系の教材もありますが、通常は、少なくてもN3レベル、J-OSのレベルマップでいうレベル5、からがベターです。(もちろん、必要性、緊急性、吸収力など、個人差はあります。)

 

運動不足の人がいきなりトライアスロンを始めるようなものでしょう。それよりは、まずはマラソンで10キロを走れるようにして、水泳で1キロ泳げるようにして、と、基礎体力をつけてから徐々に距離を伸ばしていく方が、体に

とっても負担が無く、結果としては、早くトライアスロンで完走出来るようになるでしょう。やはり、現実的な計画が、日本語学習では重要です。

 

日本語能力とビジネススキルの両方を高めてくれるサービス!?

 

皆さんは、日本のビジネス書を読む機会がありますか?

日本語で書かれた本を読むことは日本語の読解力向上に役立ちます。

 

ビジネス書であれば、ビジネススキルUPにも役立ちますので、一石二鳥です。

 

しかし、

・日本語の本を読むのは時間が掛かるから大変・・・

・自分に役立ちそうな本を選ぶのが難しい・・・

等の理由で、出来ていないのではないでしょうか?

 

そこで今回は、これらの悩みを解消してくれるサービスを紹介します。

それは、本の要約サービスです。

海外ではgetAbstractなどが有名ですね。

 

日本にも類似サービスは幾つかあるのですが、

「ビジネス書の扱いが多い」

「要約の質が高い」

「サイトのUIが良い」

という観点から、下記の2つを選びました。

 

 

(1) Flier : https://www.flierinc.com/

主な特徴:

・話題の書籍や名著のなかから、経営者や大学教授などの著名人・専門家などが

「ビジネスパーソンがいま読むべき本」を選んでいる。

・経営コンサルタントや各分野の専門家が要約を作成している。

・PC・スマホ・タブレット端末に対応している。

・1冊10分程度で読めるように要約されている。

(※外国人の方の場合、より長くかかる可能性があります)

・カテゴリーから選ぶことが出来るので、自分に合った本を見つけやすい。

「スキルアップ・キャリア」「自己啓発・マインド」「生産性・時間管理」

「リーダーシップ・マネジメント」「経営戦略」「起業・イノベーション」「人事」

「マーケティング」「ファイナンス」「テクノロジー・IT」「サイエンス」「トレンド」などの

カテゴリーがあります。

 

プラン:

・ フリープラン (無料)

閲覧可能数:20冊(月2冊変更)

追加コンテンツ数:なし

・ シルバープラン (500円/月)
閲覧可能数:フリープラン+有料コンテンツから月5冊まで

追加コンテンツ数:毎月30冊前後のオススメ書籍を追加

・ ゴールドプラン (2,000円/月)

閲覧可能数:無制限

追加コンテンツ数:毎月30冊前後のオススメ書籍を追加

 

 

2) BOOK-SMART : https://book-smart.jp

主な特徴:

・ビジネス経験豊富な専門のスタッフが、3,500字程度で要約を作成している。

・400冊以上の良書をWEBでいつでも読み放題。

・毎週2~3冊、新たに加わる。

・メールでも読める。

・話題の新刊、ロングセラーなど、ビジネスパーソンの必読書を配信している。

 

プラン:

・定期購読(6ヵ月毎支払) 月額換算 1,500円

・定期購読(1年毎支払)  月額換算1,350円

・定期購読(2年毎支払)  月額換算1,275円

 

※記載の金額はいずれも税抜きです。

※BOOK-SMARTの金額は、月額換算した場合の金額です。

実際には契約期間に応じた金額を支払う必要があります。

 

なお、どちらのサイトでもクレイトン・M・クリステンセンの新著『ジョブ理論』(原題:Competing Against Luck)が紹介されていましたので、それぞれのリンクを張っておきます。どちらもコンパクトに要約されているのが分かると思います。

https://www.flierinc.com/summary/1164

https://book-smart.jp/16750/

 

日本人ビジネスパーソンとの良い会話のネタにもなるでしょうから、良かったらお試し下さい。

Member Login

  • Forgot your Password?